校長あいさつ

 


 

令和4年の教育活動について

 

校長 中島 邦彦

 

 

 本校は昭和29年4月に江東区立亀戸中学校より分離開校した中学校です。地域の方々に深い愛情をいただきこの地に学校を建てることができました。そこから60年を経た平成26年度には施設・設備の充実した新校舎が完成しました。江東区の名所である『木場』と関連して、木材がふんだんに使われた木のぬくもりのある校舎となっています。また多様な学習形態を可能にできる2つの多目的室が設置され、言語活動の中核をなす発表活動も常に行える施設となっています。明るく開放感がでるよう、ガラスが大きくとられ、ランチルームの窓からは東京の新名所となったスカイツリーが眺められます。また環境に配慮した屋上緑化がなされ、菜園を作ったり、生徒のくつろぎの場所としても利用できたりと、まさしく時代の最先端をいく素晴らしい施設となっています。この新校舎が生徒・保護者・卒業生・地域の皆様との絆を深め、地域と共にある公立学校として更なる発展が図られて参りました。このような恵まれた環境を生かし、本校の学校経営計画の3つの柱である『質の高い教育を提供する学校』『安心・安全で信頼される学校』『地域に愛され協働する学校』を更に進化させるよう全力で努めたいと考えています。
 そして令和4年度も引き続き江東区感染症予防ガイドラインに則り、生徒の生命を第一優先としつつ、学習や特別活動・部活動等を学校教育の要として、感染症防止対策とバランスをとりながら、学校運営を進めてまいります。その中で重点項目を2点あげます。

 ひとつは「学力の向上」です。『こうとう学びスタンダード』の推進とネクストステージへの取組に向け、定着度調査に基づく指導を徹底し、確実に学力を定着させます。そして身に付けなければならないことは確実に生徒に身に付けさせるという基本理念に基づき、生徒による「授業評価」、保護者・地域の方による「教育に関する調査」の結果をフィードバックして全教員が指導技術の向上を図ります。

 もうひとつは人間力の形成です。AI(人工知能)の進化により人間の仕事の多くがAIに代替される社会がすぐそこに迫っています。その中で未来を生きる生徒が身に付けなければならないのはコミュニケーション能力、他者と協働して物事を成し遂げる力、そこから生まれる思考力・創造力等です。つまり自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力に磨きをかけることです。学校という集団生活の中だからこそできる様々な教育活動を通して、生徒が本来持っている資質・能力を育成します。そのために教職員一丸となり、個々の生徒を大切に考えた教育活動を進めてまいります。

 生徒の安全を最優先としつつ、開かれた学校作りを推進するよう努力いたしますので今年度もどうぞよろしくお願いいたします。


 

 

 

更新日:2022年04月20日 16:53:11